ベリー

体脂肪増加を抑制できる

背広

酢と一緒に体脂肪を抑制

ブルーベリーに含まれるアントシアニンとよばれるポリフェノールの1種といわれる成分は眼精疲労予防に効果があるということでよく知られていたりしますが、実は眼精疲労のほかにも役立つ効果があるのです。それが血液中の糖を脂肪分に変化させるのを抑制する力があるのではないかと考えられています。血液中の糖はエネルギーとして使われることがなければ脂肪に変わってしまい、体脂肪増加につながってしまうようになります。ですがブルーベリーに含まれるアントシアニンがそれを抑え、体脂肪を増やすのを抑制してくれるのです。なので太らないようにするには良いフルーツなのです。ダイエットをしようと考えている人には良い食べ物となります。そのブルーベリーを酢に漬けてブルーベリー酢を作って飲みますと、脂肪燃焼効果を高めてくれるのでさらに体脂肪を減らす効果を強くさせられます。

胃を荒らさずに食事も大事

ブルーベリー酢はダイエット効果もありますが、実は夏バテ予防や疲労回復効果もあるのでさらに体に良い効果を発揮させることができます。しかし気をつけなければならないことがあります。よくダイエットをしている人は食事を減らしてダイエット効果のある食材ばかりを摂取することがあります。もしそのような方法でブルーベリー酢を飲み続けていきますと、脂肪燃焼はできますが酸が強いため胃を荒らしてしまう恐れがあります。そうなってしまっては体に悪影響を及ぼします。なので、ブルーベリー酢を飲む前にある程度は食べ物を摂取したほうが胃に負担をかけずに飲むことができるようになります。ダイエットをするにも栄養は必要不可欠なので、ある程度の食事を取ることも大事です。